九州国立博物館 特別展「奈良 中宮寺の国宝」

福岡県のイベント

2021年1月26日(火)~3月21日(日) 
福岡県/太宰府市/九州国立博物館 

斑鳩(いかるが)の地で尼寺として創建された中宮寺。その当初の伽藍の様子や、紡がれてきた歴史、聖徳太子との深いつながりを示します。鎌倉時代には尼僧信如(しんにょ)が天寿国繍張(てんじゅこくしゅうちょう)を再発見し、寺を再興しました。度重なる災厄を経た中宮寺は、近世には門跡(もんぜき)寺院として営まれました。
こうした歴史をひもとくだけでなく、本尊の菩薩菩薩半跏思惟像(ぼさつはんかしゆいぞう)の造形のルーツを、遠くガンダーラから中国、朝鮮半島そしてわが国の飛鳥時代へとたどります。
今なお私たちの心を魅了し続ける美しき本尊。文学者や写真からの眼差しを通した賛美の姿をご紹介します。

<見どころ>
うつくしき慈悲のほとけの姿をこの目で

国宝《菩薩菩薩半跏思惟像(伝如意輪観音)》
飛鳥時代・7世紀 奈良・中宮寺 撮影:佐々木香輔

見る角度によってさまざまな表情を見せる中宮寺本尊。
飛鳥時代の仏教芸術の一つの到達点ともいうべきすぐれた彫刻を、展示室では全方位から鑑賞いただけます。
私だけの究極の美を探してみてはいかが。

聖徳太子の往生のさまを映し出す華麗な帳(とばり)

国宝《天寿国繍帳》 飛鳥時代・7世紀 奈良・中宮寺 
画像提供:奈良国立博物館 撮影:佐々木香輔
展示期間:1月26日(火)~2月21日(日)

聖徳太子は死後、どのような世界へと往生したのか。
宮殿や日月、鳳凰、蓮華からの化生(けしょう)など、 太子の浄土にふさわしい華麗な世界が、色鮮やかな糸とこまやかな刺繍で描き出されています。

ガンダーラから中国、朝鮮半島、日本の半跏思惟像が一堂に

《樹下思惟》 パキスタン・ガンダーラ クシャーン朝・2~3世紀
京都・龍谷大学 龍谷ミュージアム

手を頬に当てて思いにふける半跏思惟像は、すでに古代インドでもみられ、仏教の伝播とともに広がりをみせました。では半跏思惟像とは一体何の像であったのか。
本展ではアジア各地の半跏思惟像が集結し、その謎に迫ります。

《花鳥散図襖(表御殿上段の間)》 江戸時代・18世紀 奈良・中宮寺
撮影:佐々木香輔

《中宮寺本堂》 撮影:佐々木香輔

【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30まで)
*金・土曜日は20:00まで夜間開館(入場は19:30まで)
*状況により夜間開館を行わないことがあります。
【休館日】月曜日
【観覧料】一般1,800円、高大生1,200円、小中生800円、未就学児無料
*上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。
*障がい者等とその介護者1名は無料です。日時指定チケットと合わせて展示室入口にて障害者手帳等をご提示ください。
*大学生以下の方は日時指定チケットとあわせて展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。
*招待券や障がい者手帳等をお持ちの方を含め、すべてのお客様が事前に特設チケットページより来場日時の予約、購入が必要です。 → 予約・購入はこちら

チケットに関する問合せ先:中宮寺の国宝展事務局(西日本新聞イベントサービス内) TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)
展示に関する問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8:00~22:00)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ 

*マスク着用のうえご入館ください。(マスクの着用がない場合、ご入館いただけません)
*37.5度以上の発熱、また風邪などの症状がある場合はご入館いただけません。

地図