福岡市美術館「ソシエテ・イルフは前進する 福岡の前衛写真と絵画」

福岡県のイベント

2021年1月5日(火)~3月21日(日) 
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館2階 コレクション展示室 近現代美術室B 

「ソシエテ・イルフ」は1930年代半ばから1940年頃まで福岡で活動した前衛美術グループです。

「古い(フルイ)」の逆さ読みで「イルフ」と名乗っていることからもわかるように、彼らはシュルレアリスムや抽象芸術といった「新しい」美のありかたを探求し、実践しました。《イルフ逃亡》(1939年)が象徴するように、彼らは絵画・写真・工芸とそれぞれの専門分野による「イルフ」な表現へ向かい前進していました。

福岡市美術館では1987年に彼らの初回顧展「ソシエテ・イルフ 郷土の前衛写真家たち」を開催しており、この度の展覧会は34年ぶり2度目の機会となります。

かつては「幻のグループ」であったイルフですが、この度の展示では残された当時の資料と作品からグループとしての姿を再検証します。

【開館時間】9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【入場料】一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金。

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051

詳細は・・福岡市美術館Webサイト

=関連イベント=
つきなみ講座「ここではないどこかへ! 日本のシュルレアリスム」
【日時】1月30日(土)15:00~16:00
【講師】忠あゆみ(福岡市美術館 本展担当学芸員)
記念講演会「前衛写真(フォト・アヴァンギャルド)」の行方ー〈ソシエテ・イルフ〉を巡る写真家たち」
【日時】2月27日(土)14:00~15:30
【講師】竹葉丈 氏(名古屋市美術館 学芸員)
記念講演会「趣味と報国:ソシエテ・イルフをもっとよく知るための写真史 1920ー1942」
【日時】3月6日(土)14:00~15:30
【講師】若山満大 氏(インディペンデント・キュレーター)
地図