アートアクアリウム展2021 ~博多・金魚の祭~

福岡県のイベント

2021年3月19日(金)~5月17日(月) 
福岡県/福岡市(博多区)/JR九州ホール(博多駅JR博多シティ9F) 

3年ぶりの開催! 全国累計入場者数1000万人を超え、進化し続ける「アートアクアリウム展」。
木村英智の魅惑の世界が、九州・博多に再び登場!

ロータスリウム(九州初登場)・花魁・大奥・九谷金魚品評・大政奉還金魚大屏風(九州初登場)・天井金魚(九州初登場)など、見所さらに満載。

<見どころ>

花魁
約1,000匹の金魚が泳ぐ、アートアクアリウムを代表する作品『花魁』。巨大金 魚鉢の大きさは、高さ2.4メートル・最大直径2メートルにもなり、江戸の遊郭を表現しています。乱舞する金魚は、花魁とそれを目指す女たちを金魚鉢はその中でしか生きることのできない世界を意味しています。金魚鉢が七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています。

ロータスリウム(九州初登場)
夏の季語でもある花「蓮」をモチーフとした荘厳な作品。蓮は大きく美しい花を咲かせるために濃い泥水を必要とし苦境や困難を乗り越え花を咲かせます。美しい命の象徴としての「蓮」と「金魚」が、華麗で優美な世界観を表現します。

大政奉還金魚大屏風(九州初登場)
大政奉還は日本の歴史において様々な影響を与え、芸術の世界も大きな転換期を迎えました。「大政奉還金魚大屏風」では、日本の美術史の移り変わりを表現したプロジェクションマッピングによる動く屏風絵を屏風型のアクアリウムに投射し、その中を金魚が優雅に泳ぎます。映像は、大政奉還の時期とその前後の3つの時代のテーマで創り、大政奉還がもたらした日本画への影響が理解できる、幅約7.8メートルにもおよぶ18連ビョウブリウムの大型作品です。

【時間】10:00~20:00(最終入場19:30)
【入場料】

日時指定券(平日)/一般1,200円、小中高生600円、
日時指定券(土日祝)/一般1,500円、小中高生800円
*未就学児童無料(ただし保護者同伴、大人1名につき2名まで)
*会場窓口での当日入場券も販売します。(会場での入場券販売は時間指定無しチケット、入場が多い場合はお断りする可能性がございます。)

問合せ先:アートアクアリウム博多実行委員会(キョードー西日本内) TEL 0570-09-2424

詳細は・・公式Webサイトへ、

チケット購入は・・http://www.kyodo-west.co.jp/artist_page.php?a_id=1438

地図