福岡市美術館 企画展「門田コレクション 中国陶磁4000年の旅」

福岡県のイベント

2021年2月2日(火)~4月11日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 古美術企画展示室・松永記念館室 

博多の老舗提灯店の前店主で中国陶磁研究家の門田敏郎氏が長年にわたって蒐集された中国古陶磁を中心とするコレクション約150点が、2016年に福岡市美術館へ寄贈されました。

《青花宝相華唐草文盤》明時代 15~16世紀

このコレクションは、新石器時代の土器にはじまり、漢、唐、宋、元、明、清の各時代の陶磁器を網羅的に集め、まるで中国陶磁史を通観するかのような充実した内容を誇ります。

《三彩人物文長方形枕》金~元時代 13~14世紀

その受贈を記念し、門田コレクションの全容をお披露目します。

《青白磁刻花花文輪花鉢》北宋時代 12世紀

【開館時間】9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【入場料】一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金。

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051

詳細は・・福岡市美術館Webサイト

=関連イベント=
つきなみ講座「福岡市美術館の中国陶磁」
*ご参加の際は、必ずマスク着用をお願いします。
*受付時に氏名、連絡先をお尋ねします。
*定員等は変更になることがあります。詳細は、美術館Webサイトをご確認ください。
【日時】2月20日(土)15:00~16:00
【会場】福岡市美術館 レクチャールーム
【講師】後藤 恒(福岡市美術館 主任学芸主事)
【定員】先着30名(30分前より受付開始)
【料金】聴講無料
地図