福岡市美術館 ゴッホ展――響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

福岡県のイベント

2021年12月23日(木)~2022年2月13日(日) 
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館

もっとゴッホを好きになる。

今日、世界中で愛される画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。ファン・ゴッホの作品は、没後に開催された展覧会や伝記などを通して、そのドラマチックな人生とともに幅広く知られ、人気を獲得するようになりました。

ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)はその立役者の一人です。ヘレーネは20世紀初頭にファン・ゴッホの人と作品に魅了され、20年間にわたり作品をコレクションし、公開することで画家の名を世に知らしめたのです。

本展ではヘレーネが開いたクレラー=ミュラー美術館と、ゴッホ美術館のコレクションから、52点のゴッホ作品を展示します。

〈ヒマワリ〉と並ぶ代表的なシリーズ〈糸杉〉のひとつ《夜のプロヴァンスの田舎道》をはじめ、代表作とともに各地を遍歴し、描き続けた画家の生涯を振り返りながら、ファン・ゴッホの評価と人気が高まっていく過程にも注目します。

また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどるべく築かれた、ヘレーネの類まれなコレクションをご紹介します。

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》1890年5月12-15日頃 クレラー=ミュラー美術館 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands

展覧会の見どころ

1.〈糸杉〉の傑作、16年ぶりの来日!

「〈ヒマワリ〉のような作品にしたい」と、ファン・ゴッホがサン=レミで本格的に取り組み始めたのが、糸杉でした。まばゆい色彩の中で異彩を放つ、糸杉の濃い緑色の色調に心を奪われながらも弟テオに宛てた手紙ではそれを表現する難しさがいくども吐露されています。おそらく南仏滞在の最後に制作されたプロヴァンスの集大成といえる作品、16年ぶりの来日です。

2.ゴッホを「ゴッホ」たらしめた立役者の一人 ヘレーネ・クレラー=ミュラー

ファン・ゴッホの芸術に魅了されたヘレーネは、その感動を多くの人々と分かち合い、作品を後世に伝えるべく早くから美術館の設立を考えていました。質の高い作品を選び、初期から晩年までの画業が辿れるよう体系的に収集していきます。
美術館設立以前から、コレクションを公開し、国内外の数々の展覧会に快く作品を貸し出しました。本展では、ファン・ゴッホの作品を世に広め、評価が確立される土壌を育んだヘレーネ・コレクションをじっくりとご堪能いただけます。

3.《黄色い家(通り)》も! ゴッホ作品52点が一堂に会する貴重な機会

ヘレーネのコレクションに加え、ファン・ゴッホの没後に弟テオ、テオの妻ヨー、そしてその息子へと引き継がれた、ファン・ゴッホ美術館のコレクションから、《黄色い家(通り)》など4点を特別に出品します。ファン・ゴッホの油彩画、素描、版画、合計52店が一堂に鑑賞できる機会となります。

フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家(通り)》1889年9月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)フィンセント・ファン・ゴッホ

=関連プログラム=

【申込〆切】2021年12月20日(月)必着

記念講演会「ゴッホとゴーギャン アルルの62日間—小説・戯曲「リボルバー」創作を通して— 作家の考察」
ゴッホの死をテーマにした最新作『リボルバー』を刊行された作家の原田マハさんにご講演いただきます。
【日時】 1月15日(土) 13:30~15:00 *予定
【会場】 福岡市美術館1階ミュージアムホール
【講師】 原田マハ氏(作家)
【定員】 180名 *要事前申込
【料金】 無料(要観覧券、入場後でも可)
記念講演会「僕の絵は売れるの?—ファン・ゴッホの没後、遺品に何がおこったのか?」
ファン・ゴッホ研究の第一人者である圀府寺 司先生にご講演いただきます。
【日時】 1月30日(日) 13:30~15:00 *予定
【会場】 福岡市美術館1階ミュージアムホール
【講師】 圀府寺司氏(大阪大学教授)
【定員】 180名 *要事前申込
【料金】 無料(要観覧券、入場後でも可)
アクロス・ミュージアムコンサートin福岡市美術館
【日時】 1月23日(土) ①13:30~14:00、②15:00~15:30
【会場】 福岡市美術館1階ミュージアムホール
【定員】 180名 *要事前申込
【料金】 無料(要観覧券、入場後でも可)

【開館時間】9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日、12月30日(木)~1月1日(土)、1月4日(火)・11日(火)
*ただし1月3日(月)・10日(月・祝)は開館
*12月28日・29日、1月2日・3日はゴッホ展のみの開催となり、コレクション展示室等は閉室します。
【観覧料】一般2,000円、高大生1,300円、小中生800円
*本展は、会場内の密集を避けるため、土日祝日、1月2日・3日は日時指定チケットの事前購入を推奨します。

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051

詳細は・・特設Webサイトへ、福岡市美術館Webサイト

地図

スポンサーリンク
九州サイト