九州産業大学美術館「もしも・・・ 大辻清司の写真と言葉」

福岡県のイベント

2024年6月8日(土)~7月28日(日)
*前期/6月8日(土)~30日(日)、後期/7月5日(金)~28日(日) 
福岡県/福岡市(東区)/九州産業大学美術館 

写真家大辻清司(1923-2001)は、戦後日本の前衛芸術グループ「実験工房」のメンバーであり、変貌する時代の併走者として様々な芸術家たちの創造の現場や都市環境にレンズを向け、また独自の視点から数々のすぐれた写真論を執筆し、桑沢デザイン研究所、筑波大学、九州産業大学ほかで多くの後進を育てた芸術教育の実践者でもありました。

本展では、2008年より大辻に関する原資料の総合的なアーカイブ化をすすめてきた武蔵野美術大学 美術館·図書館「大辻清司フォトアーカイブ」の協力のもと、貴重な作品及び資料を通して大辻の写真と言葉をたどり、その現代的意義を浮き彫りにしていきます。

=関連イベント=
アートアーカイブの昨日・今日・明日:
武蔵野美術大学 美術館·図書館における実践-大辻清司フォトアーカイブ/杉浦康平デザインアーカイブ
【日時】 7月12日(金)17:40~19:20
【会場】 九州産業大学 15号館15102教室
【講師】 村井威史氏(武蔵野美術大学 美術館·図書館)
【料金】 聴講無料 *申込不要
公開連続講座:もしも… 大辻清司の写真と言葉
【日時】 6月14日(金)17:40~19:20
     7月19日(金)17:40~19:20
【会場】 九州産業大学 15号館15101教室
【講師】 大日方欣一(九州産業大学美術館 館長)
【料金】 聴講無料 *申込不要

【開館時間】10:00~17:00(金曜は19:00まで) *入館は閉館の30分前まで
【休館日】月曜日
【観覧料】一般200円、大学生・専門学校生100円、高校生以下・65歳以上・九州産業大学学生は無料

問合せ先:九州産業大学美術館 TEL 092-673-5160

詳細は・・九州産業大学美術館Webサイト

チラシデータ(表面 12.1M)

チラシデータ(裏面 7.7M)

地図