<招待券プレゼント!>久留米市美術館 開館5周年記念 「九州洋画Ⅱ:大地の力-Black Spirytus」

プレゼント 福岡県のイベント

久留米市美術館で2021年9月18日(土)~12月12日(日)に開催される、開館5周年記念 「九州洋画Ⅱ:大地の力-Black Spirytus」の招待券を、3組6名様にプレゼント!

会期: 2021年9月18日(土)~12月12日(日) 
会場: 福岡県/久留米市/久留米市美術館 本館2階
応募締切: 2021年10月3日(日)
当選者数: 3組6名様

九州洋画—それは継承と再生の物語。

日本の油絵は九州出身の画家たちがリードし、その後も多くの出身者が中央画壇で活躍しました。

一方、福岡の八女で制作を続けた坂本繁二郎のように、あえて地方にとどまり己の画業を追求した者たちも少なくありません。

開館5周年記念となる本展では、固有の風土や文化の記憶をどこかに宿した表現、たとえば、ざらざらとした土の触感や、大地の内発的なエネルギーを感じさせるような作品を明治から現代まで紹介することで、力強く魅力的な九州洋画の系譜を辿ります。

プロローグ

日本洋画の黎明期には多くの九州出身者たちがその展開を担いました。

実学としての油絵が「美術」になり、それを教える学校や作品発表の場が整っていった明治から昭和の洋画壇で重要な役割を果たした画家たちの代表作をご覧ください。

黒田清輝《ブレハの少女》1891年 石橋財団アーティゾン美術館

第1章 神話の世界–イメージの撹拌

九州には古墳時代から諸国の神々を受け入れてきた多彩な文化の土壌がありました。

地理的にまた歴史的に周辺から様々な影響を受けてきたことにより、豊かに交わり、蓄積された、神話性・宗教性を帯びたイメージの数々を見ていきましょう。

青木繁《輪転》1903年 石橋財団アーティゾン美術館

第2章 選択的土着–ここで描く

ひたむきに貫いた画家たちの生涯によって各地の美術が芽生え、育ちました。

土地にとどまった、あるいは戻った画家たちが、制作や、後進への指導、挑戦を続ける姿勢を通じて周囲の人々を励まし、地方画壇が形成されていきました。

坂本繁二郎《牛》1920年 石橋財団アーティゾン美術館

第3章 手ざわりの視覚化–煙と土と働く手

労働や生活がもたらす手のひらの感触が、再び歩きだす明日をつくりだしました。

日々の暮らしを支える人の手、そして何度でも立ち上がり、踏みしめる大地を主題とした作品群から、絵画に描かれた人間の強さと再生への意志をご覧いただきます。

池田龍雄《腕》1953年 板橋区立美術館

第4章 やまのある景–記憶の遺跡

幼いころ、あたりまえに見ていた懐かしい景色は、いつまでも心に刻まれています。

変わることのない自然の山河はもちろん、たとえ人の手で作られたものであっても、何度でも心に浮かぶ風景は、生涯寄り添ってくれる友のような存在です。

野見山暁治《ぼくの生まれた川オンガ》1992年 田川市美術館
© Gyoji Nomiyama 2021/JAA2100201

第5章 時空をこえて–物語はつながる

かつての夢を受けつぎながら、さらなる新しい物語が紡がれていきます。

写実をこえた表現の中に、また、人生の様々な局面で描く夢や故郷の絵の中に、過去から未来へと受け継がれていくみなの想いが託されています。

古賀春江《厳しき伝統》1931年 石橋財団アーティゾン美術館

=関連イベント=
トークイベント「行くか戻るかとどまるか 〜それぞれの上京ものがたり」

坂本繁二郎や海老原喜之助からネオ・ダダまで、作家と故郷とのかかわりについてシンポジウム形式でお話をうかがいます。
【参加申込〆切】 2021年10月5日(火)必着 *ハガキまたはFAXで
【日時】10月23日(土)13:30~16:00
【会場】共同ホール(石橋文化センター内)
【出演】菅章氏(大分市美術館館長)、林田龍太氏(熊本県立美術館学芸課参事)、森山秀子(久留米市美術館副館長)

海老原喜之助《蝶》1959年 新潟市美術館

【開館時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
10月2日(土)・3日(日)は18:00までの延長開館(入館は17:30まで)
【休館日】月曜日 *9月20日(月・祝)は開館
【観覧料】一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
*文化の日11月3日(水・祝)、開館記念日11月19日(金)は入館無料

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131

詳細は・・久留米市美術館Webサイト

地図

スポンサーリンク
九州サイト