九州国立博物館 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-」

福岡県のイベント

2021年4月20日(火)~6月13日(日) 
福岡県/太宰府市/九州国立博物館 

天平の美と技に魅せられた、名工たちの情熱の結晶。

正倉院宝物とは、奈良・東大寺の正倉に伝えられた約9000件におよぶ品々です。
聖武天皇ゆかりの品をはじめ、その多くが奈良時代の作で、西域や唐代の中国からもたらされた国際色豊かな品々も含まれます。

正倉院宝物の本格的な模造製作は、明治時代に奈良で開催された博覧会を機に始まりました。
宝物の修理も手掛けた名工たちによる模造製作はその後、材料や技法、構造の忠実な再現を目指すことになります。以来、宮内庁正倉院事務所のもとで、熟練の技と最新の調査・研究成果との融合により、高い芸術性と学術性を兼ね備えた再現模造が数多く生み出されてきました。

模造 螺鈿紫檀五絃琵琶
正倉院事務所蔵

模造 螺鈿紫檀五絃琵琶
正倉院事務所蔵

本展では、天平の美と技に挑戦した再現模造の逸品を、●楽器・伎楽 ●仏具・箱と几・儀式具 ●染織 ●鏡・調度・装身具 ●刀・武具 ●筆墨のジャンルごとに集めてご紹介します。
*出品作品はすべて再現された模造です。

正倉院正倉 外観

正倉院は、どこの、どのような施設だったのか?
奈良時代に東大寺大仏殿の裏手の小高い土地に設けられた、寺の中心的な倉庫でした。 明治時代以降、国の管理となり、現在では宮内庁正倉院事務所がその任に当たっています。

正倉院宝庫の特徴は?
三角形の部材を井桁に組んで壁にする校倉造の建物です。 北倉・中倉・南倉の三倉からなり、天皇の許可で扉を開閉する勅封倉として極めて厳格に管理され、正倉院宝物を守ってきました。

正倉院宝物はどのようなものか?
奈良時代、聖武天皇が崩御した際に光明皇后が東大寺大仏に献納した御遺愛品等を中心とする宝物群です。 多種多様かつ国際色豊かな約9000件の品々が、1300年近く、人々の努力によって良好な保存状態で伝えられてきました。

【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30まで)
【休館日】月曜日 *ただし、5月3日(月・祝)は開館
【観覧料】

一般1,600円、高大生1,000円、小中生600円、未就学児無料
*上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。
*障がい者等とその介護者1名は無料です。
*大学生以下の方は展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。
*土日祝日のご来館には、無料入場対象者を含め、日時指定チケットの事前予約を推奨します。 → 予約・購入はこちら

チケットに関する問合せ先:よみがえる正倉院宝物展事務局(西日本新聞イベントサービス内) TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)

展示に関する問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(9:00~20:00)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、展覧会公式Webサイト

*マスク着用のうえご入館ください。(マスクの着用がない場合、ご入館いただけません)
*37.5度以上の発熱、また風邪などの症状がある場合はご入館いただけません。

地図