九州国立博物館 特別展「ポンペイ」

福岡県のイベント

2022年10月12日(水)~12月4日(日)
福岡県/太宰府市/九州国立博物館 

イタリア・ナポリから日本初出品を含む約120件を公開!

約2千年前、火山の噴火によって埋没した古代ローマの都市「ポンペイ」。

そこには当時の生活空間が封印されています。

本展ではナポリ国立考古学博物館所蔵品をメインに、日本初公開を含む約120件の出土品を展示し、都市の繁栄と人々のくらしに迫ります。

ヴェスヴィオ山とポンペイ遺跡
Photo©Luciano and Marco Pedicini

ポンペイ3つの邸宅めぐり、2000年前にタイムスリップ!
街の邸宅を再現展示
ポンペイ遺跡の魅力は、何といっても、建造物や出土物の保存状態がよいこと。本展では代表的な3つの邸宅の一部を再現展示。会場内を歩きながら、当時の生活空間を体感いただきます。

充実の映像コンテンツで内容もわかりやすく!
紀元後79年、ポンペイで何が起きたのか。 1700年を経た18世紀から、現地ではどんな発掘が行われているのか。 複数の映像素材を用いてわかりやすくご案内。 時空を超えた旅のお手伝いをします。

ナポリ国立考古学博物館 外観

ナポリ国立考古学博物館・・・
18世紀にナポリ王カルロ7世が進めたヴェスヴィオ地区発掘調査による出土品と、その母エリザベッタから受け継いだファルネーゼ・コレクションを中心に、王立博物館として1816年に開館。

1860年イタリア統一にともない国に移管、現在に至ります。

今回の展示は、ナポリ国立考古学博物館コレクションのうち、120件もの作品が見られる貴重な機会です。

猛犬注意
1世紀 ナポリ国立考古学博物館
Photo©Luciano and Marco Pedicini

=関連イベント=
【会場】 九州国立博物館1階ミュージアムホール
【定員】 270名 *事前申込不要
【料金】 無料

九博研究員によるリレー講座 第1回
【日時】 10月29日(土) 14:00~15:30
「ポンペイがやってきた!~見どころ紹介~」
【講師】 齋部麻矢(九州国立博物館展示課課長)

九博研究員によるリレー講座 第2回
【日時】 11月6日(日) 14:00~15:30
「ポンペイとインド」
【講師】 小泉惠英(九州国立博物館副館長)
「ポンペイの黒い鏡」
【講師】 白井克也(九州国立博物館文化財課課長)
「ポンペイの絵画とそのひみつ」
【講師】 折山桂子(九州国立博物館文化財課研究員)

*イベントの参加には、本展観覧券もしくはQRチケット画面の提示が必要。

 

【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
金・土曜日は20:00まで夜間開館(入館は19:30まで)
【休館日】月曜日 *ただし11月28日(月)は開館
【観覧料】一般1,900円、高大生1,200円、小中生800円
*上記料金で4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。

問合せ先:九州国立博物館 TEL ハローダイヤル 050-5542-8600(9:00~20:00、年中無休)

詳細は・・九州国立博物館Webサイト

地図