福岡市美術館 特別展「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」

福岡県のイベント

2021年10月9日(土)~11月21日(日) 
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館2階 特別展示室

松永安左エ門(1875-1971)は戦前戦後の日本の電力界で活躍した実業家であるとともに、高名な茶人・美術収集家としても知られています。

本展は松永の没後50年を記念して開催する特別展です。

「電力王」とも称えらえた実業家としての活躍を物語る資料と、「耳庵」と号する茶人として収集した日本・東洋の美術コレクションの名品の数々を通じて、松永の偉大な足跡を回顧します。

【開館時間】9:30~17:30 *10 月の金・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日
【観覧料】一般1,300円、高大生800円、中学生以下無料
*20名様以上の団体及び満65歳以上は100円引

*来館時にはマスクの着用、手指の消毒等にご協力ください。

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051

詳細は・・福岡市美術館Webサイト

=関連イベント=
記念講演会「電力王が鬼となるまで 松永安左エ門の功績」
電力の鬼・松永安左エ門記念館 前管理者の定村隆久氏をお招きし、松永安左エ門の功績についてお話しいただきます。
【日時】10月23日(土) 14:00~15:30 *13:00より入場整理券配布(13:30開場)
【会場】ミュージアムホール
【講師】定村隆久氏(電力の鬼・松永安左エ門記念館 前管理者)
【定員】先着180名 *定員は変更になる場合があります。
【料金】無料
=関連イベント=
つきなみ講座(特別編)「電力王は数奇者となった 松永安左エ門の茶」
月に一度行う「つきなみ講座」では、当館館員が、自身の仕事、展示、研究、関心ごとについて語ります。10月のつきなみ講座では、特別展「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」に関連し、数寄者茶人・美術品蒐集家としての松永安左エ門の側面に迫ります。
【日時】10月30日(土) 14:00~15:30 *13:00より入場整理券配布(13:30開場)
【会場】ミュージアムホール
【講師】後藤恒(主任学芸主事・古美術担当)
【定員】先着180名 *定員は変更になる場合があります。
【料金】無料
地図

スポンサーリンク
九州サイト