長島美術館 「没後50年 海老原喜之助展 ―油彩、水彩、デッサン…描き続けた日々」

鹿児島県のイベント

2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝) 
鹿児島県/鹿児島市/長島美術館 

日本の近代洋画壇において大きな功績を残した画家のひとりである海老原喜之助(1904~1970)。

19歳でパリに渡るとエビハラブルーと呼ばれる鮮やかな青い色彩の画風でパリ画壇にて称賛を浴び、帰国後は独立展を中心に活躍しました。

パリで客死してから50年を迎える今年、節目の年として地元鹿児島の私設美術館である児玉美術館、三宅美術館と連携して初めて開く、リレー式展覧会です。

3館目となる長島美術館では、油彩、水彩、デッサン、リトグラフの作品を展示し、3館がそれぞれ所蔵している「蝶」の作品も展示します。

生涯描き続けた海老原の独特な色彩と力強いタッチをお楽しみください。

【時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】火曜日 *ただし、9月22日(火・祝)・11月3日(火・祝)は開館し、翌日休館
【観覧料】一般1,000円、高大生800円、小中生400円、シニア(65歳以上)500円
*常設展6室も全てご覧いただけます。

問合せ先:長島美術館 TEL 099-250-5400
詳細は・・長島美術館Webサイト

【関連イベント】
美術館スタッフによるガイドツアー
*新型コロナウイルス感染症の状況により、変更の場合があります。最新情報は長島美術館Webサイトでご確認ください。
【日時】毎週日曜日 14:00~
地図