鹿児島県歴史・美術センター黎明館 企画展「蒔く・穫る・耕す-かごしまの農具-」

鹿児島県のイベント

2020年9月8日(火)~2021年1月17日(日)
鹿児島県/鹿児島市/鹿児島県歴史・美術センター黎明館3階 企画展示室 

鹿児島県は、今でこそ全国有数の農業県として知られていますが、もともとは農業生産性の低い土地柄でした。かごしまの先人たちは、厳しい自然条件の中で農業を営み、これを克服してきました。

本展では、一年の農事サイクルの中から、耕起や整地に関わる「耕す」、作物の播種や植付に関わる「蒔く」、収穫や脱穀に関わる「穫る」の三つを柱として、これらの農作業に使用された農具を紹介し、かごしまの伝統的な農業の営みに迫ります。

また、地域による農具の違い、『成形図説』や「四季耕作図」に描かれた農具についても実物資料と比較しながら紹介します。

【時間】9:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】月曜日(祝日の時は翌日)・毎月25日(土・日の場合は開館)
9月23日(水)・12月31日(木)~1月2日(土)
【観覧料】一般400(300)円、高校・大学生250(150)円、小・中学生150(80)円
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳等の提示のあった方と、その介助者1名は無料
*鹿児島県内に居住する70歳以上の方は無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)
*鹿児島県内に居住する18歳以下の方は、土・日・祝日に限り無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)

問合せ先:鹿児島県歴史・美術センター黎明館 TEL 099-222-5100
詳細は・・鹿児島県歴史・美術センター黎明館Webサイト

地図