熊本県立美術館 永青文庫創立70周年 歴史をこえて 細川家の名宝 国宝“細川ミラー”期間限定公開!

熊本県のイベント

2020年9月18日(金)~11月8日(日) 
熊本県/熊本市(中央区)/熊本県立美術館 本館第2展示室(第1室) 

東京都文京区目白台の閑静な場所に位置する、公益財団法人永青文庫。

江戸時代に肥後熊本の地を治めていた細川家に伝わる美術工芸品や歴史資料を保存・研究するために、第16代当主・細川護立によって設立されました。

国宝・重要文化財を多数含む所蔵文化財は、約9万4000点にも及んでいます。

これらの所蔵品を大きく分類すると、「道具」としての性質が強かった大名家時代のコレクションと、近代になって護立が「美術品」として蒐集したコレクションの2本柱で構成されています。

今年2020年は、永青文庫創立70周年のメモリアル・イヤーです。

このことを記念して、およそ10年ぶりに国宝“細川ミラー”を期間限定公開します。

また、細川家に伝わる茶道具や趣向を凝らした大名調度、御用絵師による近世絵画に加えて、護立蒐集の国宝・重要文化財の東洋美術品、近代日本画、宮本武蔵の絵画も展示する豪華でぜいたくな展覧会となっています。

ぜひ、この機会に細川家の名宝をお楽しみください。

国宝《金銀錯狩猟文鏡》中国 戦国時代(前4~前3世紀)永青文庫所蔵
*展示期間:9月18日(金)~10月18日(日)

【開館時間】9:30~17:15(入館は16:45まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
*10月12日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館
【観覧料】一般280(200)円、大学生170(130)円
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方無料

問合せ先:熊本県立美術館 TEL 096-352-2111
詳細は・・熊本県立美術館Webサイト

地図