熊本県立美術館 美術館コレクション 新収蔵品展 ~新しいくまもとの宝もの~

熊本県のイベント

2020年9月18日(金)~11月8日(日) 
熊本県/熊本市(中央区)/熊本県立美術館 本館第2展示室(第2・3室) 

東京都文京区目白台の閑静な場所に位置する、公益財団法人永青文庫。

熊本県立美術館は、熊本に所在する総合美術館として、熊本ゆかりの、日本及び東洋の古美術/日本の近・現代美術/西洋美術の3本の柱により、美術品の収集を行っています。

昨年度は、各分野の美術作品24点を御寄贈いただき、あわせて、熊本ゆかりの美術品を御寄託いただきました。

本展では、昨年度新たに収集した作品のうち、熊本出身の画家による絵画作品をはじめ、近世の絵画や中世の神像彫刻を中心に展示します。

新しい熊本県立美術館コレクションの仲間たちを歓迎する展示となれば幸いです。

あわせて、熊本県立美術館が所蔵するフランス近代絵画の名品や、ヨーロッパに留学した日本の画家による洋画のコレクションも展示します。

*本館第2展示室第1室では、「歴史をこえて 細川家の名宝 国宝“細川ミラー”期間限定公開!」を同時開催中です。あわせてお楽しみください。

大岡春卜《山水人物花鳥押絵貼屏風》江戸時代(18世紀)熊本県立美術館所蔵

【開館時間】9:30~17:15(入館は16:45まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
*10月12日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館
【観覧料】一般280(200)円、大学生170(130)円
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方無料

問合せ先:熊本県立美術館 TEL 096-352-2111
詳細は・・熊本県立美術館Webサイト

地図