熊本県立美術館 細川コレクション 黒の魅力 期間限定公開!菱田春草《黒き猫》

熊本県のイベント

2022年4月8日(金)~6月26日(日) 
熊本県/熊本市(中央区)/熊本県立美術館 別棟展示室
 

日本の美術には伝統的に様々な色が使われてきました。本展では特に「黒」色に注目し、細川コレクションを中心として、特に「黒」を基調とした美術品を展示します。

細川コレクションで「黒」の作品といえば、まず菱田春草《黒き猫》があげられるでしょう。明治44年(1911)に若くして亡くなった春草が前年に描いた作品で、黒を効果的に用いて猫のふわふわとした毛並みや、見る者を警戒する一瞬の表情が表現されています。

制作から100年以上が経過していることから修復作業が実施されるため、本展は修復前の最後の展示となります。

このほか、筆文字ならではの書の魅力や、「黒」色で描かれた絵画の代表“水墨画”、そして、蒔絵や螺鈿をはじめ、技術の粋をあつめて制作された工芸品を展示します。

工夫がこらされた「黒の魅力」を感じていただければ幸いです。

菱田春草《黒き猫》明治43年(1910) 永青文庫所蔵 熊本県立美術館寄託

=関連イベント=
来館者限定特典!
1)SNSで熊本県立美術館を応援しよう!
会期中、本展をご観覧いただき、当館のTwitter、Instagramをフォローしていただくか、ハッシュタグ「#熊本県立美術館」と付けてSNSで観覧について投稿いただいた方に、オリジナルの黒き猫缶バッチをプレゼント!
2)あなたが身に着けた黒
アクセサリーや衣服など、黒色のものを身に着けて来館された方に、手作りしおり等をプレゼント!
【開館時間】9:30~17:15(入館は16:45まで)
【休館日】月曜日
*4月26日(火)~5月8日(日)は連続開館
*5月30日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館
【観覧料】一般210(160)円、大学生130(100)円
第1展示室との共通券/一般1,600円、学生1,100円
第2展示室のみとの共通券/一般430(310)円、大学生260(200)円
(第1展示室/熊本日日新聞社創立80周年記念 印象派との出会い―ひろしま美術館コレクション- 4/15~6/5
第2展示室/美術館コレクション「水・緑・花 ―くまもとの風景と自然の恵み」 3/19~6/12)
*高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方無料
*( )内は20名以上の団体料金

*新型コロナウイルスの影響により展覧会・イベント情報が変更または中止になる場合があります。ご来館の際は、事前にWebサイトでご確認ください。

問合せ先:熊本県立美術館 TEL 096-352-2111

詳細は・・熊本県立美術館Webサイト

地図(熊本県立美術館 本館