熊本市現代美術館 PAPER:かみと現代美術

熊本県のイベント

2022年10月1日(土)~12月18日(日)
熊本県/熊本市(中央区)/熊本市現代美術館 企画展示室Ⅰ・Ⅱ 

「紙」を重要な素材として見出し、独自の表現を追求している現代アーティスト9名を紹介する展覧会。
今から2000年以上も前に発明されて以来、私たちの生活のあらゆる場面に浸透した必要不可欠な素材、「紙」。
情報の記録や意思伝達をはじめ、ものを包む、液体を拭う、光をとおす・・・など、その機能と役割は枚挙にいとまがありません。
「紙」の幅広い活躍は、しなやかで応用しやすい性質や特長によるものですが、そこには人間が与えた何らかの操作や社会の中での機能が伴っています。
「紙」になるまでも、そして「紙」となってからも、人とのかかわりなしには存在しない素材なのです。
本展ではそのような「紙」「紙製品」に注目し、独自の表現へと昇華させた現代アーティストをご紹介します。
彼らの作品は、「紙の上に」ではなく、「紙とともに」アイデアを視覚化したものと言えます。
誰にとっても馴染みのある「紙」をとおして、本展のアーティストたちが投げかける問いは、私たちを取り巻く世界や価値観を様々な角度から照らし出してくれることでしょう。

【出品作家】 安部典子、ウチダリナ、太田三郎、小野田賢三 / 照屋勇賢、播磨みどり、半谷学、半澤友美、渡辺英司

=関連イベント=
かみ展×新聞週間「くしゃくしゃおばけでいっぱい!」
たくさんの古新聞紙を使って、部屋をくしゃくしゃで埋め尽くしましょう。
くしゃくしゃを身に着けて、くしゃくしゃおばけになってみたり…。
くしゃくしゃを積み上げてみたり…。くしゃくしゃの上で寝転んでみたり…。
思い思いの方法で、新聞紙で作って遊びます。
【日時】 10月16日(日)11:00~14:00
【会場】 ホームギャラリー
【講師】 PLAY!PARKキュレーター小栗里奈、川合由美
【参加方法】 時間内出入り自由 *小学3年生以下は要保護者同伴、会場内ではマスクの着用、手指の消毒をお願いしています。
【参加費】 無料
【企画・主催】 熊本市現代美術館、PLAY!PARK
クロージング・ワークショップ「さしがさばなワークショップ―「い草」の紙で灯の花を咲かそう―」
紙でランプシェードを作ります。紙は、熊本県産の畳の製造工程で出る「い草」の端材が原料です。
不要なもの、捨てられてしまうものが世界に一つだけのステキな作品に変身します。
【日時】 12月17日(土)13:00~16:00、12月18日(日)10:15~13:15
【会場】 ホームギャラリー(熊本市現代美術館内)
【講師】 半谷学(出品作家)
【定員】 各回先着20名 *要事前申込、小学3年生以下は要保護者同伴
【参加費】 一人300円
【持ち物】 現在は要らなくなってしまったが、思い出があって捨てられない小物(玩具、ボタン、写真、小石など)

【開館時間】10:00~20:00(入場は19:30まで)
【休館日】火曜日 *ただし5月3日(火・祝)は開館し、5月6日(金)は休館
【観覧料】一般1,100(900)円、シニア(65歳以上)900(700)円、学生(高校生以上)600(500)円、中学生以下無料
*( )内は前売り、20名以上の団体料金/電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証、美術館友の会証をご提示の方
*前売券販売は9月30日(金)まで
*各種障害者手帳をご提示の方と付き添いの方1名は無料
*10月12日(水)は開館記念日のため入場無料

問合せ先:熊本市現代美術館 TEL 096-278-7500

詳細は・・熊本市現代美術館Webサイト

地図