アートボックス#03

宮崎県のイベント

2021年1月23日(土)~2月14日(日) 
宮崎県/宮崎市/みやざきアートセンター5階 

本展は、アートを通じた出会いと交流、そして制作活動の支援を目的に、制作・発表を続けるアーティストや、アートを積極的に生活の中に取り入れて活動している人・団体に焦点をあて、個展形式で紹介する展覧会です。宮崎県在住・出身者を対象に、本年度は3度目の開催となりました。

国内外で数々の広告写真や映像作品などを手掛けるフォトグラファー酒生哲雄、物語や音楽などからインスピレーションを得て日本画の技法で繊細に描く中嶋美穂子、様々な素材を用いながら書による空間づくりにも挑戦する冨永美恵、アートと環境問題の視点から竹を使った空間デザインに取り組み国内外での発表を行うNITTAKE。個性あふれる4つの展示を同時開催いたします。

あわせて市民が気軽にアートに親しむことのできる場を設け、アーティスト同士や来場者など、人と人を繋ぐ機会を提供することを目的に、展示作家を講師としたワークショップなども開催します。

多種多様な方法や表現によって生み出されるアート作品に、ジャンルを問わず幅広く触れていただく企画展です。

【開館時間】10:00~18:00
【休館日】火曜日
【入場料】無料

問合せ先:みやざきアートセンター TEL 0985-22-3115

ご参考・・みやざきアートセンターWabサイト

作家1:酒生哲雄(サコウ テツオ)
【タイトル】『新たなる世界へ』
【ジャンル】 写真
今までに経験のした事の無い、危機的事態に直面し、日々のいろいろが変化した2020年。
外出も出来ない…撮影や舞台もなかなか出来ない… 友人・家族・知人とも会えない….
今までが今まででなく、当たり前が当たり前じゃなくなった現在…
そんな自粛生活の中、自然と扉を創り、撮り始めた。次第にその一枚一枚が、新たなる世界へという作品であると、自分の中で理解し始めた。扉の向こうには、そしてこの先、未来には何があるのだろう・・・
それはまだ、誰にもわからない。
=イベント『大型カメラ体験講座』=
酒生氏が使用している愛用の、普段あまり見ることもない、大型カメラ(8×10・4×5)を体験してみませんか?写真&カメラ好きにはたまらないと思います。当日は、酒生氏本人が撮影している、「BUNNY TUBE」の公開収録も行われます。BUNNYさん進行での、楽しい体験講座です。ぜひお越しください。
【日時】 2021年1月24日(日) 13:00~(1時間程度)
【会場】 5階 展示室内
【参加費】無料

作家2:中嶋美穂子(ナカシマ ミホコ)
【タイトル】『Right house』
【ジャンル】 日本画
「題名が謎めいている」こんな感想を聞くことがあります。私の作品は一見すると関係性があまりなさそうな題名をつけることが多いのですが、これは制作するきっかけとなった言葉や音の名残です。表現したいことが優先されるため、作品が完成する時にはすっかり影を潜めてしまいます。
今回展示する作品は、小説の一場面や音楽の一小節からイメージを得て制作したものです。制作途中、表現がぶれそうになる度、行く道を示してくれたRight house(灯台)となった小説や音楽たち。それらを紹介しながら作品を展示します。いつもとは違った視点で作品を見ていただければ幸いです。
=ワークショップ『貝合わせを作ろう』=
貝殻に日本画の絵の具で絵を描こう。貝合わせは日本に古くからあるおもちゃです。自由な絵柄でオリジナルの貝合わせを作って遊びましょう。
【日時】 2021年2月7日(日) 14:00~(1時間半程度)
【会場】 3階 創作アトリエ
【対象】 小学生以上~大人
【定員】 5名(小学生は保護者同伴)
【参加費】800円
*要事前申込(12月26日(土)~電話にて申し込み開始)

作家3:冨永美恵(トミナガ ミエ)
【タイトル】『余光』
【ジャンル】 書
書くということで表現するということを長くやってきたように思いますが、自分自身の内面を作品に反映するようになったのはここ最近のような気がします。生活の中で心が動くときがあります。その動きはさまざまで、そんな時に選ぶ言葉は時に救いであり、時に潜在意識であり、時に滑稽でもあります。そして書くことがほんの少しのひかりを見せてくれることがあります。それはひかりというにはあまりに弱く遠くでぼんやりとしていますが、表現していくなかでずっと追い求め育てていかなくてはならないものなのでしょう。
=ワークショップ『好きな言葉を書いて部屋に飾ろう』=
好きな言葉を書いて、ボックス型のオブジェを作ろう。オリジナル作品を部屋に飾ってみよう!
【日時】 2021年1月31日(日) 10:30~、14:00~(1時間半程度)
【会場】 3階 創作アトリエ
【対象】 小学生以上~大人
【定員】 5名(小学生は保護者同伴)
【参加費】800円
*要事前申込(12月26日(土)~電話にて申し込み開始)

作家4:NITTAKE(ニッタケ)
【タイトル】『害再新感〜生命〜』
【ジャンル】 インスタレーション
2015年6月、「竹の持つ力を生かして感動を届ける」をコンセプトに活動開始。環境問題である「放置竹林」をデザイン、アートで解決し、竹で出来るエンターティメントの可能性を広げる活動を行っています。古来から、竹籠や水筒・笠に使われるなど、日本の生活に欠かせない竹の力を空間演出やインテリアデザインへと生かし、竹を現代につむぐ事をチャレンジしています。
放置竹林という環境問題をご存知でしょうか?竹がどんどん増えていき、山を荒らしそして山を枯らすという物です。この放置竹林は今、深刻な環境問題となっています。「害」とされている竹を「再」利用し、「新」しい作品に変え、「感」動をお届けします。
=公開制作=
竹を使ったインスタレーション作品を組み上げていきます。どなたでも鑑賞いただけます。
【日時】 2021年1月30日(土) 13:00~(1時間程度)
【会場】 5階 ロビー
【参加費】無料

地図