大分県立美術館 相田みつを全貌展 ~いのちの尊さ ことばのチカラ~

大分県のイベント

2021年11月26日(金)~2022年1月23日(日) 
大分県/大分市/大分県立美術館 3階 展示室B 

栃木県足利市に生まれた相田みつを(1924-1991)は、戦中戦後の動乱期に書の世界に身を投じ、「いのち」の尊さを見つめながら、独特の文字で自らの言葉を書く作風を確立しました。

1984年の作品集『にんげんだもの』がベストセラーとなり、広い世代の共感と感動を呼びおこしました。

本展は、生きる勇気を与えてくれる相田みつをの世界を、代表作をはじめ未発表作品など約130点と貴重な資料を通してご紹介する展覧会です。

相田みつを《いのちいっぱい》1991年

【開館時間】10:00~19:00
*金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
【休展日】なし
【観覧料】一般1,200(1,000)円、大学・高校生800(600)円、中学・小学生500(300)円、未就学児無料
*( )内は前売りおよび有料入場20名以上の団体料金
*大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)(2回まで)、TAKASAGO無料(2回まで)、UME団体料金
*障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料
*学生の方は入場の際、学生証をご提示ください。

問合せ先:大分県立美術館 TEL 097-533-4500

ご参考・・大分県立美術館Webサイト

地図

スポンサーリンク
九州サイト