大分県立美術館 国立国際美術館コレクション 現代アートの100年―ハロー、アート!世界に夢中になる方法―

大分県のイベント

2022年6月11日(土)~8月21日(日) 
大分県/大分市/大分県立美術館 1階 展示室A 

国立国際美術館は、1977年より、国内外の優れた現代美術を発信する美術館として、収集・保管・展示活動を行ってきました。

本展は、国立国際美術館の名品・優品を国内各地で紹介する巡回展として、本年は広島県立美術館と大分県立美術館で開催されます。

カンディンスキーら抽象芸術の始まりから、多様化する2000年以降のアートまで、およそ100年にわたる近現代美術の流れを紹介します。

感性を刺激し、世界に夢中になるきっかけを与えてくれる現代アートの魅力に触れよう。

ヴァシリー・カンディンスキー《絵の中の絵》1929年 国立国際美術館所蔵

【開館時間】10:00~19:00
*金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
【休展日】なし
【観覧料】一般1,200(1,000)円、大学・高校生1,000(800)円、中学生以下無料
*( )内は前売りおよび有料入場20名以上の団体料金
*大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料(2回まで)、UME団体料金
*学生の方は入場の際、学生証をご提示ください。

問合せ先:大分県立美術館 TEL 097-533-4500

ご参考・・大分県立美術館Webサイト

地図