【規模縮小】高山彦九郎先生 仲縄忌(墓前祭)

スポンサーリンク
福岡県のイベント

2021年6月27日(日) 11:00~12:00 
福岡県/久留米市(寺町)/遍照院 

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者のみで実施します。一般の方の参列はご遠慮します。

尊王の志士で寛政の三奇人のひとり、高山彦九郎の命日に毎年執り行われている墓前祭です。

高山彦九郎正之は上州(今の群馬県)新田郡細谷村の生まれで郷関を出で、京の三条の橋の上で皇居を拝み、涙を流したのは僅か18才の時のことでした。

筑後路にも前後3回巡歴の歩を止め、寛政5年(1793)6月27日、東櫛原町の知人森嘉善の客舎で秘因の屠腹をし、47才を最後に世を去りました。

毎年6月27日の命日に、寺町の遍照院において墓前祭がしめやかに執り行われます。

問合せ先:公財)高山彦九郎先生史蹟顕彰会(久留米観光コンベンション国際交流協会内) TEL 0942-31-1717

ご参考・・高山彦九郎先生史蹟顕彰会Webサイトへ

地図

スポンサーリンク
九州サイト