仙巌園 2023年2月のイベント

鹿児島県のイベント

2023年2月 
鹿児島県/鹿児島市/仙巌園 

伝統的工芸品を体感しよう!in 仙巌園
体験や講座を通して、鹿児島市の伝統工芸品の歴史と魅力を知っていただくイベントを開催。期間中は、いつも多くのお客様に楽しんでいただいている「切子かけらの細工」や「大島紬の匂い袋」、「薩摩焼の絵付」、「竹細工」のほか、イベント期間にあわせて「錫器の皿作り」の体験も実施。また、薩摩切子や錫器の作成行程を紹介した動画も鑑賞できます。
また、期間中の1月28日には、伝統工芸品の歴史を学芸員が紹介し、職人たちに匠の技について教えてもらえる講座も実施。長く受け継がれてきた技術と魅力を直接学ぶことができます。
【日時】1月13日(金)~2月5日(日)
【場所】園内 体験施設
【料金】錫器の皿3,500円、切子かけらの細工1,000円、大島紬の匂い袋1,000円、薩摩焼の絵付け1,500円~、竹細工500円

愛猫長寿祈願祭
仙巌園には全国的にも珍しい、猫を祀った祠「猫神社」があります。
17代島津義弘が朝鮮出兵の際に時計の代わりに7匹の猫を連れていき、そのうち帰って来た2匹の猫を祀ったものです。猫の動向の開き具合を見て、時間を確認したといわれています。
毎年2月22日には、大切な愛猫の健康と長寿を祈願する「愛猫長寿祈願祭」を行っています。
当日は猫神様に絵馬をご奉納いただき、祈願祭の神事へご参列いただきます。祈願祭のご参列や代理祈願には、事前の申し込み・お支払いが必要です。
【日時】2月22日(水)

流しびな
源氏物語にも登場する「流しびな」は災いを人形(ひとがた)にうつして川や海に流す伝統行事です。仙巌園で行われる「流しびな」は、園内にある曲水の庭の清流に身代わりびなを流し、無病息災を祈る特別な春の催しです。
【日時】2月26日(日)10:30~正午
【場所】曲水の庭
【定員】先着45名 *女性限定
【料金】1人2,500円(入場料は別途必要)
*入場料は別途必要です。仙巌園入口にてお支払いください。
*幼児(小学生未満)が参加される場合は、保護者1名の同伴(女性限定)が必要です。お正の準備は参加者分となります。
*流しびな会場(曲水の庭)までは、受付から歩いて10分~15分ほどかかります。お時間に余裕を持ってお越しください。

仙巌園は・・
仙巌園は、万治元年(1658)に島津家第19代光久によって築かれた島津家別邸。
桜島を望む雄大な庭園に加え、殿様が暮らした御殿があり、お食事やお土産物の施設も充実しています。また隣接地には、島津家に関する史料を展示する博物館「尚古集成館」や、薩摩切子の製造を見学できる工場もあります。
【開園時間】9:00~17:00(年中無休)
【入園料】庭園・尚古集成館・御殿/大人・高校生以上1,500円、小中学生750円
庭園・尚古集成館/大人・高校生以上1,000円、小中学生500円

問合せ先:仙巌園(代表) TEL 099ー247ー1551

詳細は・・仙巌園Webサイト

地図