上野原縄文の森 2022年6月~7月の企画展・イベント

鹿児島県のイベント

2022年6月~7月 
鹿児島県/霧島市/上野原縄文の森 

第63回企画展「みどころ再発見!きりしまの文化財~郷土の歴史を学ぼう~」
国内最古最大級の定住集落である上野原遺跡が所在する霧島市には、国宝に指定された霧島神宮や重要文化財に指定された鹿児島神宮をはじめ、史跡や遺跡、建造物などの文化財が数多くあります。
そこで、今回は霧島市から出土した考古資料にスポットを当てた展示紹介を行います。また、地元小中学生をはじめ多くの人が身近な遺跡を知り、地域にある歴史・文化を理解し、ふるさとに誇りを持てるよう郷土教育の推進を図ります。
【日時】4月23日(土)~8月31日(水)9:00~17:00(入館は16:30まで)

=関連イベント=
第63回企画展講演会
みどころ再発見!きりしまの文化財~郷土の歴史を学ぼう~
国内最古最大級の定住集落である上野原遺跡が所在する霧島市には、国宝に指定された霧島神宮や重要文化財に指定された鹿児島神宮をはじめ、史跡や遺跡、建造物などの文化財が数多く存在します。
そこで、今回は霧島市から出土した考古資料にスポットを当て、地元小・中学生をはじめ多くの人が身近な遺跡を知り、地域にある歴史・文化を理解し、ふるさとに誇りを持てるよう郷土教育の推進を図ります。
【日時】 6月4日(日)10:00~11:30
【料金】 100円 *要事前申込

=河口コレクション紹介コーナー=
長年、鹿児島県の考古学界をリードされてきた考古学者、故・河口貞徳氏(元鹿児島県考古学会会長)が調査された遺跡の考古資料等を紹介します。
河口コレクション紹介コーナー~上加世田遺跡~
【日時】5月14日(土)~8月26日(金)9:00~17:00(入館は16:30まで)
考古学講座第3回「はじめての考古学~アニマル考古学~」
発掘現場で土器や石器とともに見つかった動物の骨から見えてくる、当時の環境や人々の生活について、最新の調査成果を交えながら解説します。
【日時】7月2日(土)10:00~11:30
【会場】展示館多目的ルーム
【講師】公財)埋蔵文化財調査センター職員
【料金】100円 *要事前申込
つくってドキどき体験第1回「縄文人のアクセサリー“まが玉”作り」
出土している様々な形の「まが玉」。滑石という石を使って「まが玉」作りを体験しよう!
【参加申込〆切】2022年5月18日(水)
【日時】6月18日(土)10:00~12:00
【会場】体験学習館
【料金】500円 *要事前申込、応募多数の場合は抽選
つくってドキどき体験第2回「縄文土器を作ろう」
粘土を使って、縄文土器作りに挑戦しよう!(完成した土器のお渡しは、乾燥させて焼成した約2週間後です。)
【参加申込〆切】2022年6月24日(金)
【日時】7月24日(日)10:00~12:00
【会場】体験学習館
【定員】体験者1人とその保護者1人を1組として12組
(体験者は小学3年生以上に限る、応募多数の場合は抽選)
【料金】500円 *要事前申込、応募多数の場合は抽選
どんぐりイベント「本格派流しそうめん&工作」
竹でオリジナルの箸や器を作って、流しそうめんを楽しみませんか?
【日時】7月23日(土)10:00~14:00
【会場】体験広場
【料金】400円 *要事前申込

上野原縄文の森は・・・
約9500年前の縄文時代の大規模な定住集落跡である国指定史跡「上野原遺跡」を保存・活用した施設です。園内は、縄文時代を学べる展示館や復元集落などの「見学エリア」と、火おこしなど縄文体験ができる体験学習館のある「体験エリア」の2つのエリアに分かれており、それぞれ約9500年前の森と約7500年前の森が復元されています。また、「日本の歴史公園100選」にも選定されています。

【開園時間】展示館/9:00~17:00(入館は16:30まで)
体験学習館/9:00~12:00、13:30~16:30(12:00~13:30は一時閉館)
【休園日】月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は翌日)
【利用料金】上野原縄文の森への入園は無料です。
ただし、上野原縄文の森展示館の常設展示、シアター及び企画展の観覧のみ下記料金が必要です。
小・中学生150円(120円)、高・大学生210円(160円)、大人320円(250円)
*( )内は20名以上の団体料金
*鹿児島県内の70歳以上は無料、鹿児島県内の小中高生は土・日・祝日無料(年齢等の確認書類必要)

*新型コロナウイルス感染症の影響により、中止・変更になる場合もあります。

問合せ先:上野原縄文の森 TEL 0995-48-5701

詳細は・・上野原縄文の森Webサイト

地図